守備評価
守備を数字で評価する
 従来、守備力については客観的な指標が皆無と言ってもいい状態でした。守備率が評価に用いられてきましたが、そもそも失策をしない守備が理想的な守備かということには多くの方が疑問を持つでしょう。

 試合の目的は勝つことです。そのために守り側がすべきことは失点を最小限に抑えることです。そこで例えば遊撃手個人に求められることはといえば、自分の近くに飛んできた打球をなるべく高い確率でアウトにすることです。安打を許さずアウトを稼げばチームの失点を減らすことができます。守備率というのは残念ながら積極的なアウト獲得を評価する数字ではなく、打球に関わった機会のうち失策がどれだけあるかを表しているにすぎません。失策をしたくなければ極端な話打球に関わらないように動かなければいいわけで、また失策という記録自体記録員の主観ではないかという指摘もあります。「失策が少ない」というのは「失点を防いでいる」ことの評価にはなりません。そう考えるとやはり守備率を軸に評価を行うのは無理があります。ましてや、現代のNPBでは失策が記録される数自体が少なくてほとんど評価に幅が出ないものとなってしまっています。

 ここで一度巷の守備力に関するコメントを振り返ってみると思いつくのが「一歩目の判断が早い」「捕ってから投げるまでが速い」「肩が強い」「背走が上手い」「落下地点まで一直線」……といったもの。これらは主観的に動きを観察したものであって、守備の成果を表したものではありません。打撃の評価に置き換えれば「内角球へのバットの出がいい」とか「高めの球を上から叩ける」とか「緩急にも体勢を崩されない」といった言葉を並べているだけなのと何ら変わりません。それは成し遂げた結果ではなく手段に過ぎません。主観的な評価が正確である保証はありませんし問題は「それによってどのくらい打てたのか」であるはずです。従来の守備評価は打率等一切なしに打撃を評価するのと同じ状況におかれていました。
 そうすると、打撃での打率などに該当する指標が参考としてあってもいいと考えるのは当然かと思います。



アウト成立への貢献率、レンジファクター
 ビル・ジェイムズによって開発された守備を数字で評価する指標がレンジファクター(RF)です。計算式は以下。

  RF = (刺殺+補殺)/守備イニング×9

 刺殺と補殺はアウト成立に関わったことの記録であり、これを出場イニングで割って9倍すると1試合(9イニング)あたり平均いくつのアウトに関与するかということを表す指標になり、客観的に結果が評価されます。これならば、守備率が同じでも積極的に多くのアウトをとっている野手が高く評価されることになります。大まかに見ると分子がアウトで分母が守備についていた機会。安打と打数に置き換えれば打率と同じようなものだというのがわかります。RF4.3の遊撃手とRF5.0の遊撃手なら後者が優秀と見られます。打球の飛んできやすさが違うため異なるポジションの比較はできませんし一塁手と捕手にはそのままでは使えませんが。

 細部はともかく、RFによって守備の数値評価に光が見えたことになります。RFが主観的な評価に沿う必要はありません。打率3割の打者は、打撃フォームが汚いと文句をつけられようがなんだろうが3割打者です。同様に守備についても、見た目がどうであろうとアウトはアウト、走者を生かすという意味ではヒットもエラーも変わらないという見方もできます。
 ただそうはいっても実際には式の項目が「守備力を表した数字」と言い切るには大雑把すぎて問題があることは誰もが認めるところであるようで、改良版やより詳細なデータを使った近代的な指標が開発されています。
 それでも基本的な考え方は上記のRFから変わりません。知る限りほぼ全ての指標はアウトを取ることを成果として、分母に責任範囲(機会)を入れることで能力評価としています。その意味でまさにRFは守備数値評価の原点と言えるのではないかと。




日本での算出が現実的な守備指標
 本場MLBでは守備指標の構築が進み、素人にはちょっと作成不可能なデータが出ています。RFでは分母の対象が守ったイニング全体と大きいので同じイニング数でも何らかの理由で都合よく周辺に打球の飛んでくる機会の多かった選手とそうでない選手で不公平が出るという問題がありますが、それを解決するために打球ひとつひとつを物理的に観測して各野手の責任範囲に飛んだ分だけを機会としてカウントするという指標があり、これがゾーンレイティングです。責任範囲に打球が飛んできたうちどれだけを処理したかという意味の数字になり、簡潔に守備の実態に迫っていると言えます。その他さらにゾーンレイティングの計算を進化させたUZR、プラスマイナスシステム(DRS)といったものがあります。
 しかしNPBではそのようなデータはなかなか得られないので、RFのように一般的な記録から計算していくしかないことになります。そこでRFに加えて少し指標を挙げます。

 【Fielding Runs】
 リニアーウエイトシステム、Batting Runsを整理した人物でもあるピート・パルマーによる守備指標。計算方法はまずリーグ単位で該当守備位置の平均を求めて各チーム、個人と比較するといった形になっています。
  平均 = 0.20×(刺殺+2×補殺−失策+併殺)/(リーグ総刺殺−リーグ奪三振)  ※分子は該当守備位置のリーグ合計
  Fielding Runs = 0.20×(刺殺+2×補殺−失策+併殺)−((チーム総刺殺−チーム奪三振)×平均×出場率)
 RFと比べると分母から奪三振を除くという補正が入っている他、分子にも失策や併殺が加わっており、最終的には「リーグの平均的な守備者が守るのに比べて何点の利得を出したか(どれだけ失点を防いだか)」という得点の形となります。出場率のところにはどれだけ出場したのかの見積を入れるわけですが、通常は守備イニング数をチーム守備イニング数で割ったものになるかと思います。尚上記の式は内野手へのもので守備位置ごとに微妙に異なるバリエーションが用意されています。

 【Relative Range Factor】
 ビル・ジェイムズ自身がRFを改良したもの。投手の奪三振能力、内外野打球分布、右投手・左投手による打球分布による偏りなどを補正しています。計算方法が細かいので、説明は本家のウェブサイト(Bill James Online)に譲ります。
 それだけではなんなので勝手な解釈で評価法の骨格だけ抜き出すと、遊撃手についてとして
  1. 期待補殺を求める。リーグの「遊撃補殺/(総補殺−外野手補殺−捕手補殺)」を求め、これをチームの「総補殺−外野手補殺−捕手補殺」にかける。
  2. 期待刺殺を求める。リーグの「遊撃刺殺/(総刺殺−奪三振−外野手刺殺−遊撃補殺−三塁補殺)」を求め、これをチームの「総刺殺−奪三振−外野手刺殺−遊撃補殺−三塁補殺」にかける。
  3. 「刺殺+補殺」を「(期待補殺+期待刺殺)×(守備イニング/チーム守備イニング)」で割り、「チームDER/リーグDER」をかける。
 この他にも細かい補正の計算式があり、それこそが主眼とも言えるので省いた説明をしても本当はしょうがないのですが、根本的にはアウト独占の比較対象を絞ったり推定による補正を加えている指標だということがわかるのではと。リーグの平均的な守備者が守る場合と比べて何倍のアウトを取るかという形で出力しています。

 これらの指標は偶然などによる打球の偏りを避けられないためゾーンレイティングなど新しい技術を利用した指標に比べると弱いのは確かですが、主観の介入は少ない上に物理的観測データの手に入らない昔の選手の評価に利用可能など有利な点もあります。
 内野手のFR及びRRFを計算してみました。

→内野手RRF・FR (2009年で更新停止)




チームの打球処理能力、DER
 本塁打を除き打球がヒットになった割合を表すBABIPという指標がありますが、これを裏返すと野手がフィールドに飛んできた打球をどれだけの割合でアウトにしたかという意味になり、DER(Defense Efficiency Ratio)という名前でチームの守備力を評価する指針として一般的に利用されています。

 DER = (打席−安打−四球−死球−三振−失策)/(打席−本塁打−四球−死球−三振)

 分子は打席の結果野手がアウトを取ったもの、分母は本塁打を除く打球ということになります。DIPSによれば投手の力によって被打球のアウトになりやすさがそうそう偏ることはありませんし、チーム年間単位で見れば投手・相手打者の要素はかなり分散され人為的な偏りは少なくなります。となるとDERの差は守備者の打球をアウトにする能力の高さの差により決まる可能性が高くなります。運の介入は避けられませんが、被打球の数は年間では4000近くなりますので十分とは言わないまでもある程度の意味は見出せそうです。
 DERは概ね.700前後の値となります。そして近年の傾向を見るとDERの標準偏差(平均からの標準的なバラつき)は1%少々という程度なので、プロ野球においては打のチームとか守りのチームとか言ってみても現実に打球をアウトにすることに関して言うほど大きな違いはないと考えることもできるかもしれません。

→チーム守備評価




Baseball Concrete的守備評価
 ゾーンレーティングは個人で算出するのは不可能ですし、FRやRRFもやや古かったり適用できる範囲が限られて居たりします。NPBの記録に対してきれいに適用できる守備指標は整備されておりません。
 そこで、NPBの選手を評価可能な守備評価を独自に構築してみました。
 あらゆる指標は進化の途中で、指標の進化には基となるデータが必要であり、守備に関するデータは非常に弱いので守備イニング数をはじめ公的なデータが充実することを願うばかりです。

→捕手守備評価

→内野手守備評価

→外野手守備評価




トップ > 守備評価

inserted by FC2 system